オーナーシェフ 加藤大貴(ひろき) プロフィール


 1987年 岡崎市生まれ。愛知県立岡崎北高校卒業。
 高校時代より、将来パン屋になることを目標に、石釜パン ダーシェンカにて修行開始。卒業後は大阪の有名店や、大手製パン会社(ドンク、サンジェルマン)を経て渡仏。フランスではエリックカイザーパリ、ウルティエでシェフを務める。
 帰国後は、ジョエルロブション、ビストロ・ア・パン(オーナーシェフ)、メゾンカイザー・ジャポンを経て2014年10月 岡崎市に戻り、ブレッドファクトリー(岡崎市百々西町)にて製造主任。
 その後、さらにテーラテール、メゾンランドゥメンヌで研鑽を積む。
 2016年4月 岡崎市真伝町にラヴィデュパンを開業。同時にそれまでの経験と、パン屋経営について関連する各専門分野の事業者とネットワークを組み、ベーカリーへのコンサルティングを行う。


事業内容